LONGROW 2001 14YO<br>FRESH SHERRY BUTT<br>FOR SPRINGBANK SOCIETY<br>ロングロウ 2001 14年<br>フレッシュシェリーバット<br>FOR SPRINGBANK SOCIETY
LONGROW 2001 14YO<br>FRESH SHERRY BUTT<br>FOR SPRINGBANK SOCIETY<br>ロングロウ 2001 14年<br>フレッシュシェリーバット<br>FOR SPRINGBANK SOCIETY
拡大画像

LONGROW 2001 14YO
FRESH SHERRY BUTT
FOR SPRINGBANK SOCIETY
ロングロウ 2001 14年
フレッシュシェリーバット
FOR SPRINGBANK SOCIETY

DISTILLERY BOTTLING

SCOTLAND/CAMPBELTOWN
  • 税込価格:39,930 (税抜36,300 円)
  • (税抜希望小売価格:円)

  • 数量 :
  • 品切れ

商品説明

1973年に初蒸留されたロングロウはスプリングバンク蒸留所がリリースした第2ブランド。
このスプリングバンクをよりスモーキーに仕上げるロングロウに誰よりも早く目をつけて仕入れ、今日のメジャーブランドに育て上げる一役を買ったのがイタリアの伝説的ボトラーズブランドを立ち上げた故シルバーノ・サマローリ氏。
彼の選んだロングロウの樽は今やマニア垂涎の的となり、超高額で取り引きされる。

今回のボトルはスプリングバンク蒸留所が運営する愛好家の為の会員制団体、「スプリングバンクソサエティー」向けの1本。

毎年100〜150樽程しか作られないロングロウから選りすぐったこの会員向けボトルはもちろんシングルカスク。

過去に1度頂いたこのソサエティー向けのロングロウ(11年熟成のモノ)は最近のオフィシャルボトルでは影を潜めていたスモーキーさが際立ち、かつ樽の個性も際立った目を見張る完成度だった事を覚えている。

決して多くない生産量のカスク達から、スプリングバンク蒸留所の愛好家会員向けにボトリングされたロングロウでしかもシェリーバット。14年という熟成期間も絶妙か。
そもそもボトリングの背景からして生産者の真剣さは伝わる。
だからこそ飲んでみたい。

※オールドボトルをお買い上げの際はこちらを必ずお読み下さい。
ご注文完了をもって上記内容を了承したものとさせて頂きます。

テイスティングノート

スペック

Region 地域 Campbeltown
Aging 熟成年数 14yo
Cask Type 樽種 Fresh Sherry Butt
ABV 度数 53.2%vol.
Volume 容量 700ml

JAN:2000000002965