THE WINTER QUEEN BATCH2 19YO
ADELPHI
ウインタークィーン Batch2 19年
アデルフィ

ADELPHI

  • 税込価格:35,970 (税抜32,700 円)
  • (税抜希望小売価格:35,000円)

  • 数量 :

商品説明

このキンカーディンは、あのジャパニーズモルト&スコッチモルトウイスキーをブレンドしたスペシャルウイスキー「グラバー」に続く新たなフュージョンウイスキーです。
スコットランドのエリザベス・スチュワート妃がその生涯の多くを過ごしたオランダに移住する前に当時のボヘミア王国の女王に僅かの期間だけ就いていた為、「冬の女王」と呼ばれていました。
オランダのズイダム蒸留所とロングモーンのバレル、グレンロセスのシェリーバットをブレンド。
 

ADELPHI

モルト好きの方には高品質インディペンデントボトラーとして名高く、またその小さいラベルがトレードマークでもある「アデルフィ」。
同社の歴史は古く、1826年にアデルフィ蒸留所として、スコットランドのグラスゴーで創業しました。残念ながら1906年には創業を停止してしまいました。
それから長い沈黙を経てアデルフィの名前が市場に復活したのが1993年。創業時のオーナーのひ孫がインディペンデントボトラーとして、活動を再開したのです。
その時から「常に品質を追い求め、大量生産に走らず高品質を維持する」事をポリシーに掲げ、これは2004年に現在の新オーナーに経営権が移ってからも頑なに守られています。品質にこだわっているひとつの例が、「ウイスキーテイスティングチーム」。毎回のボトリングでは樽選びのために数人のグループが同時にテイスティングをするのですが、その中核メンバーがあのチャールズ・マクリーン氏なのです。彼は今までに数多くのウイスキーに関する著書を残しており、業界でも著名なウイスキーライターです。
そのチームが多数のサンプルを取り寄せ、良質な樽を厳選しているのですが、なんとその割合は約20のサンプルの中からたった1つを選び出すという徹底ぶりです。
待望の新しい蒸留所「アードナムルッカン」も順調に稼働を続けており、アデルフィの今後の活動から目が離せません!
いつもアデルフィのラインナップには唸ります。他のボトラーとは少し違ったスペックでリリースしてくるアデルフィに今後も要注目です。
(インポーター資料より)

テイスティングノート

色はダークカラー、香りは海苔や海藻、ダンボール、レーズン、キャラメル、ボディはライトでミルクコーヒー、シナモン、チャイ、マジパン、フィニッシュはビターに軽やかに続く。
(インポーター資料より)
 

スペック

Region 地域 Scotland & Netherlands
Aging 熟成年数 19yo
ABV 度数 54.5%vol.
Volume 容量 700ml
  • トップ
  • NEW ARRIVAL
  • THE WINTER QUEEN BATCH2 19YO
    ADELPHI
    ウインタークィーン Batch2 19年
    アデルフィ

JAN:2400000004431